book

江戸の庶民の心に触れる 「時雨のあと」藤沢周平さん

表紙のデザインに惹かれて読みました。個性の際立った男と女。江戸の空の下で精一杯いきることを応援したり、ときには眼差しは厳しいけれど、人々のあえぎ声、ここだけのひそひそ話、あっけらかんとした物語。人生の先輩たちのキャラクターに触れる。江戸という時代の日々を映し出す短編が整列しています。ぜひ、ご一読を。

タイトルとURLをコピーしました