town銀座行列に並んだらfoodとんかつ

銀座 晴のちカツ

11時30分開店の5分前に到着。12番めでした。限定の肩ロースカツ定食。200g1800円。扉が開いた中からは揚げる音と脂の香りが。程よく心とおなかを刺激してくれます。店頭のパンフレットを見るとお肉は静岡県富士宮市の豚肉。上野で豚肉専門店、「東京豚バザール」をオープンしてトンカツの美味しさを広めるべく銀座へ来られたそうです。

でもこの意気込みが嬉しいですね。にし邑さん、イマカツさんがある東銀座。銀座にもあまたとんかつがありますね。私はぎんざですと6丁目の地下にある「とん喜」さんが好きです。そうそう近くのイタリアンのヴォメロさんは15名ほどオープンご入店待ちでした。

店頭のパンフレットによると注文を受けてからパン粉をつけて揚げるとのこと。期待できます。

塩、しょうゆ、ソース。お好みで味わってくださいとのこと。30分待って着席です。カウンター11席。

200gは迫力あります。まずキャベツをソースの甘みでいただきます。お味噌汁はシジミ。豆腐もついて、お新香。

とんかつ。脂味、沁みます。あふれ出ます。ひと口でごはん3回のバランス。あっという間におかわりです。麦茶ゴクゴク。塩?ソース?何もいらないです。30分ほどかかって完食しました。

隣の韓国女子はさっさと完食。涼しい顔で出ていきました。お店を出ると行列は6名。ありがとうございました。

ひとつリクエストがあるとすると、お店にあまり銀座らしい雰囲気が見受けられませんでした。これからなじんでいくのですかね。少しずつ低温で、じっくりと。

タイトルとURLをコピーしました